文字サイズ大 中 小

予防医療・健康診断
     - 目次 - 
   ○  熊本市が行う健康診断等について
   ○  熊本市の健康課題 CKD(慢性腎臓病)対策
   ○  熊本市の保健統計資料

熊本市が行う健康診断等について

熊本市がん検診
 日本人の2人に1人近くががんになり、3人に1人ががんで命を落としています。熊本市のがん死亡者数は、年間約1600人。死亡者数全体の約30%を占めています。積極的にがん検診を受けましょう。

結核検診
 検診による早期発見で、結核のまん延を防止します。65歳以上の方は、感染症法に基づき、年に一度は受診するよう規定されています。

特定健診・特定保健指導
 熊本市国民健康保険では、40歳~74歳の熊本市国民健康保険被保険者を対象に、生活習慣病やメタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導を実施しています。

妊婦健康診査
 妊娠中に、妊娠週数に応じて最大14回、妊婦健康診査を県内の医療機関に委託して実施。必要に応じて妊婦精密健康診査を1回実施しています。

乳児(3か月児・7か月児)健康診査
 親子(母子)健康手帳と一緒に、2回分(3か月および7か月)の乳児一般健康診査受診票を交付します。お子さんの健やかな成長・発育のために健康診査を受けましょう。

熊本市が行う予防接種
 予防接種法に基づく各種予防接種等を行っています。重症化予防などの為、ワクチン接種に努めましょう。

このページの先頭へ

熊本市の健康課題 CKD(慢性腎臓病)対策

知ってますか? 成人の8人に1人がCKD(慢性腎臓病)患者だそうです。
CKD(慢性腎臓病)は、放置すると人工透析や、腎移植が必要になるばかりではなく、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まるといわれています。
詳しくは、「熊本市の健康課題 CKD(慢性腎臓病)」のホームページを参照して下さい。
熊本市の健康課題 CKD(慢性腎臓病)
このページの先頭へ

熊本市の保健統計資料

 熊本市の保健に関する統計資料を掲載しています。
熊本市の保健統計資料
このページの先頭へ